PAGE TOP

妙高での出会いの対策法!動くより先に、出会えない元凶サーチが必須

TOPPAGE > 恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニテ

恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニテ

恋人を探そうと、ネットゲームやネットコミュニティの仲間と実際に会う「オフ会」に参加する人もいますが、オフ会の本来の目的を無視して、自分勝手に恋人を探そうとする人は「出会い厨」と呼ばれます。出会い厨は軽蔑されるだけでなく、オフ会全体の雰囲気を悪くします。

出会いたいのなら初めから出会いの場である出会い系サイトを利用するのがお互いにとって良い選択でしょう。出会いの場でもないところで自己アピールして周囲に迷惑をかけるよりも、出会い系サイトで相手を探した方が良い結果になると思います。世間では、出会い系サイトの印象はあまり良くなくて、危険なイメージがあるみたいなのですが、これまで私は危険な感じはせず、相手も誠実そうな人が多かったです。サイトやメールでやり取りする際には個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。

信頼できそうだと感じても、用心して実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、危険は少なくなりますよ。

当然ですが、ドライブなどは密室になって危険です。

あるいは、夜に会うようなことは避けるべきです。一昔前ほどの勢いではありませんが、モンストがヒットしたこともあり、中には、mixiから恋愛関係に発展したケースもあります。

日記などの情報によって互いの理解を深めることが可能で、オフ会やコミュニティで交流を重ねたりして、恋人になるという場合も考えられます。とは言うものの、相性の良い異性を見つけたいなら、SNSよりも出会い系サイトで探す方が成功する確率が高いと思います。知らない方にとっては意外かもしれませんが、出会い系サイトの料金は課金制が主流です。例えば、メールを送るのに50円、画像は100円といったように、やり取りをした分だけお金がかかるシステムです。

出会えると期待した利用者を騙して課金させるために機械やサクラを使っているサイトがあるのです。

こういったサイトに引っ掛かってしまうと時間やお金を無駄にするだけですから、怪しいと思えばサイトを退会することをおススメします。

また、出会い系サイトを利用する人の目的は様々ですから、お互いの時間やお金を無駄にしない為にも、相手の出会いの目的がお互いにとって都合の良いものかどうかを初めのコンタクトで確認し合っておいた方が、お互いにとって効率的でしょう。出会い系をやっていると、相手との距離感が上手くつかめずに迷う時もあるでしょう。

例えば、そこそこ親しくなったけど、直接会っていいものかどうか判断に迷う場合や、会いたくても時間が合わないといったこともあるでしょう。そんな時はまずはスカイプを使うのが良いでしょう。通話料が負担になることもなく、お互いの顔を出して話すことも出来ますよね。

ここで一つ注意点なのですが、相手が通話映像を録画して悪用する恐れがあるため、相手のことを信頼できるまでは、設定でカメラをオフにしたり顔が映らないアングルにするといった工夫をした方がいいでしょう。

出会い系サイトというとちょっと危ない印象があったのですが、結婚した私の友人が旦那さんの事を知ったのはインターネットの出会い系サイトだそうです。いわゆる遊び目的の出会い系のイメージとは違って、二人とも結婚も視野に入れた真剣な交際を希望していたので、直接会って交際を続ける間もすごく相性が良くて結婚を決めるまでに時間はかからなかったそうです。

二人は本当に幸せそうで、出会い系って思っていたのと全然違ってこういう素敵な人がいるんだとびっくりしました。

仕事が忙しく、気づけば彼氏いない歴3年。異性と親しくなる機会を求めて街コンデビューしました。感じのいい男性がいたのですが連絡先は交換できず、話がはずまない男性も多く、次回参加は有り得ないなと思いました。気持ちを切り替えて、これからは出会い系サイトで探そうと思っています。先に登録した友人はメッセ殺到でいま選定中だと言うし、使い方とかコツを聞かせてもらい、頑張ってみます。今まで出会い系サイトを利用した経験からみても、たくさんの女性に真剣に考えたファーストメールでアタックしても、無視されることが多いです。

そういった事に慣れてしまうと、せっかく女性から返信をもらっても、セカンドメールの内容を書くのに困ることもあると思います。

思いもよらず返信が来ると舞い上がってしまいがちですが、長文メールを返信するのは厳禁です。あまり長すぎず、丁寧で親しみやすいセカンドメールを送るようにするのが最適でしょう。

出会いのきっかけが共通の友人なんてケースは少なくないようです。

ただ、世話焼きで社交的な友人の存在が必要です。

とりたてて引き合わせる異性のあてがないのに、再三お膳立てを頼まれてしまうと、悪いことはしていなくても会いにくくなるものです。

あちらから紹介しようという具体的な声がかからない限り、いわゆる出会い系サイトで出会いを探せば、大切な友人関係に亀裂が入る心配も要りません。

アプリのゲームをしながら異性と出会おうと期待するのは、ゲームの楽しみを追求したい参加者には迷惑な人と思われかねません。

さらに、相手に恋人がいるとか、恋愛は避けたい事情があったり、住んでいる場所が遠いなど、たとえ相性が悪くなくても交際まで進めることは稀でしょう。

交際相手を求めるなら、出会い系サイトをはじめから使うというのが効率的です。